巨人・坂本 9回2死から執念同点打「阿部さんがつないでくれた」

[ 2019年8月25日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8-6DeNA ( 2019年8月24日    東京D )

9回2死一、二塁、坂本が左前適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人主将の坂本勇が9回の同点打に続き、石川のサヨナラ弾も演出した。

 1点を追う9回2死一、二塁で左前適時打。「阿部さんが(四球で)つないでくれたので、いい場面で一本出た」。石川への「3球三振」アドバイスは「ああいう場面は難しいと思うけど、振って後悔しないように」と意図を明かした。昨日まで3試合無安打も猛打賞の活躍。「明日、勝ち越せるように」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース