楽天ドラ6渡辺佳 プロ1号同点3ランも空砲 守護神・松井打たれ連敗

[ 2019年8月25日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天5-6西武 ( 2019年8月24日    メットライフD )

8回無死一、二塁、同点の右越え3ランを放つ渡辺佳(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト6位ルーキーのプロ初本塁打は空砲となった。2―5の8回無死一、二塁、渡辺佳が一時は同点の右越え1号3ラン。「完璧だったのでこれが入らなかったらヤバいなと思った」。横浜高前監督の渡辺元智氏の孫。52試合、159打席目での1号だった。

 だが、延長10回に守護神・松井が打たれてサヨナラ負け。平石監督は「抑えだから。しょうがない」と話したが、連敗で2位・西武に3・5ゲーム差に広げられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース