神宮大好き阪神・高山、再逆転のV二塁打も反省「あの1本だけじゃ…」

[ 2019年8月25日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7-4ヤクルト ( 2019年8月24日    神宮 )

4回1死満塁、高山は中越えに2点適時二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・高山が肩で息をする田川にトドメの一撃をお見舞いした。4回1死満塁の好機。1ボールからの落ちる変化球を弾き返し、中堅フェンスにワンバウンドで到達する二塁打で走者2人を還し、再逆転を決めた。

 直前に2点差を逆転され、目前の無死満塁では大山が空振り三振。逸機なら流れを失いかねない分岐点だった。殊勲の一打でプロ初先発の田川をマウンドから引きずり降ろし、主導権を奪い返した。12安打7得点した打線の中で存在際立つ決勝打だった。

 それでも、試合後の表情に緩みはない。三塁側席の虎党の歓声を受ける帰途で厳しい自己評価を下した。

 「あそこで1本出たのは良かったですけど、正直、今の僕の立場だったら、あの1本だけじゃ、ちょっと厳しいかなと思います」

 確かに残り3打席は一ゴロ、空振り三振、空振り三振。2三振はいずれも低め変化球に手を出したもので、内容も奮わなかった。定位置を確立する戦いの真っただ中だけに「1本で終わったというのが悔しい。うれしくないですね。あの1本しか打てていない」と最後まで表情を崩さなかった。

 起用する矢野監督も同じ気持ちだろう。「俊も去年苦しくて、試合になかなか出られないところから、こうやって出るようになって。もちろん、今日みたいなところで打ってほしいし」と評価した上で「そういうところで、もう1本というのは俊には必要やし」とさらなる期待を寄せた。

 先発出場した直近10試合のうち9試合で安打を放つなどコンスタントに結果は出始めた一方、同じ期間で複数安打を記録したのは1試合だけ。ポテンシャルを考えれば、もう一段も二段も上積みを求められることを自覚し、手放しで喜べる結果を求めて、今日も勝負の打席へ向かう。(巻木 周平)

 ▽高山と神宮球場 明大では1年春からリーグ戦に出場。4年秋には先輩にあたる高田繁が持つリーグ通算127安打の記録を抜き、131安打まで更新した。リーグ戦通算102試合で打率・324。阪神1年目の16年3月31日ヤクルト戦では、デイビーズの初球を初回先頭打者本塁打。新人が初本塁打をプレーボール弾で飾るのは2リーグ制以降初の快挙だった。プロ通算では92打数30安打14打点の打率・326で、大学時代と同様に好相性を誇る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース