輝星 2軍でプロ最長6回4失点 8Kに手応え「感覚通り投げられた」

[ 2019年8月25日 05:30 ]

日本ハムの先発・吉田輝(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝がイースタン・リーグのDeNA戦(鎌ケ谷)に先発。プロ最長の6回、最多の94球を投げ、4安打4失点だった。

 5回、知野に3ランを被弾も3回の3者連続など計8奪三振。「投げたいコースへ感覚通りに投げられた。三振が増えていくのは調子のいいバロメーター」と手応えを口にし、荒木2軍監督も「幅のある投球ができていた」と及第点を与えた。次回登板は30日か31日の同・ヤクルト戦の予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース