外野手登録2人だけでも大丈夫、投手登録の宮城&西が“二刀流”

[ 2019年8月25日 05:30 ]

練習試合 第2試合   高校日本代表3―4駒大 ( 2019年8月24日    東京都内 )

<駒大・U18日本代表>第1試合で先発した宮城(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 高校日本代表20人のメンバー中、外野手登録は2人だけ。第1試合先発の宮城と2番手・西はいずれも3回を無失点に抑えた後、外野を守った。西は第1試合の登板後に右翼へ。第2試合では2人ともスタメンで外野を務めた。

 宮城は投球に「木製バットなので内角を使えた」と満足げ。5奪三振の西は「自分の投球ができたので良かった」とし、外野守備には「高校の先輩に徹底的に鍛えられたので自信はあります」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース