広島・床田 ぶっつけ本番で復調アピール6回1失点「ローテで回れるように」

[ 2019年8月25日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-4中日 ( 2019年8月24日    ナゴヤD )

力投する先発の床田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島・床田が6回を5安打1失点(自責0)に抑えて復調を内外にアピールした。権利のあった7勝目は消えても疲労による再調整からの復帰登板で確かな一歩を踏み出した。

 「(6回は)球数もあったので最後と思って投げました。全体にあまり良くなかった。四球も多かったので」

 自己評価は厳しめでも無死一、三塁を切り抜けた6回は圧巻だった。左打者・高橋の内懐を果敢に突いて浅い左飛に仕留め、阿部は147キロの外角高め直球で空振り三振。四球を挟み、最後は代打・石垣を右飛に退けた。

 右打者の被打率・205に対し、左には内角を攻め切れず同・321と大苦戦。それが一転、初回先頭の大島に右前打を許した以外は左打者を抑え、佐々岡投手コーチにも「今日は課題のところがしっかりできていた」と評価された。

 前回10日の阪神戦は球威がなく2回2失点で降板。翌11日に登録を外れ、遠投を数多く取り入れるなどして復調に努めた。調整登板を予定していた20日のウエスタン・リーグ、オリックス戦が雨で流れ、ぶっつけ本番で臨んで結果を出した。「今日は(打球が)たまたま正面に飛んだ感じ。まだまだですが、ローテーションで回れるようにしたい」。投手陣の台所は厳しいだけに明るい材料だ。(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース