3年ぶり顔合わせ マエケン&マー君、Wシリーズで対戦熱望

[ 2019年8月25日 02:30 ]

インターリーグ   ドジャース2―10ヤンキース ( 2019年8月23日    ロサンゼルス )

試合前に談笑するドジャース・前田(左)とヤンキース・田中
Photo By 共同

 同じ88年生まれで同学年のドジャース・前田とヤンキース・田中が再会を喜び合った。3年ぶりにインターリーグで対戦。今カードは互いに登板予定はないが、ともにリーグ最高勝率でワールドシリーズ最有力カードといえる。

 「そこでできれば一番最高。ファンの人にも、僕自身も楽しみだし、そうなることを望んでいます」と前田。日本時代も投げ合いは一度もなく「また投げ合わないな、という話をしました」という。白一色のユニホームで登場した「MAEKEN」は、8点ビハインドの9回2死で代打出場。空振り三振で最後の打者となった。(後藤 茂樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース