阪神 10失点で交流戦初の連敗 甲子園のスター清宮、渡辺に主役奪われた

[ 2019年6月8日 17:21 ]

交流戦   阪神5―10日本ハム ( 2019年6月8日    甲子園 )

<神・日> 8回無死一塁、北條は左越え2ランを放つ(左端は矢野監督)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は8日の日本ハムに5―10で敗れ、交流戦初の連敗を喫した。

 先発の岩田が4回1死一、三塁のピンチで清宮に甲子園でプロ入り初のタイムリーとなる右前打を浴びて先制点を献上。さらに満塁から清水の遊撃内野安打で2点目を失った。その後は追加点を与えず粘っていたものの、7回に2死一、三塁で大田にセンターへ適時打を許すと、さらに1点を失って満塁から清宮に押し出しの死球で岩田はKO。2番手の馬場も渡辺にバックスクリーン右へのグランドスラムを被弾して、試合の行方は決した。

 阪神にとっては、早実出身の清宮、東海大甲府の渡辺と高校時代に甲子園で活躍した選手たちに本拠地で主役を奪われるはがゆい展開。打線も金子に6回まで3安打無失点の好投を許すなど7回まで無得点。それでも、8回に北條の323日ぶりの一発となる今季1号2ランが飛び出すと、9回に高山、北條の連続適時二塁打が飛び出して3点を返した反撃に、矢野監督は「ずっと試合に出るメンバーじゃないメンバーがああいうふうにやるっていうのは、チーム全体として意味がある。(高山)俊もそうだし、北條も」と収穫も口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年6月8日のニュース