阪神・西、自責ゼロ負け 3失策の拙守に矢野監督「申し訳ない」

[ 2019年6月8日 05:30 ]

交流戦   阪神2ー3日本ハム ( 2019年6月7日    甲子園 )

7回途中、突然の豪雨に試合が中断となり、ベンチに戻る西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 「不運」という言葉を阪神・西は認めないかもしれない。7回を投げ3失点も自責は0。味方の失策が全て失点に絡み5敗目を喫したにも関わらず「味方のミスをカバーすることができずに悔しい」と自らを責めた。

 4回。先頭の近藤に許した右翼線二塁打に右翼・糸井の送球が悪送球となり無死三塁。中田を捕邪飛に仕留めたが、続く清宮に先制の中犠飛を許した。6回1死一塁では、中田の一塁ファウルゾーンの飛球をマルテが捕球できず(記録は失策)。フルカウントから浴びた右中間への打球を糸井がスライディングキャッチに行ったが、取れずに適時二塁打となった。

 同点に追いついてもらった直後の7回は先頭の中島の遊撃左へのゴロを、この回から守備に就いた北條が好捕も一塁悪送球となり無死二塁。犠打と四球に二盗で1死二、三塁とされ大田の浅い中犠飛で決勝点を奪われた。「梅野も懸命にリードしてくれましたが、勝ち越された場面(7回)でマウンドを降りてしまい悔しいです」。険しい表情で引き揚げる姿から悔しさは十分に伝わってきた。

 5月10日の中日戦を最後に白星から遠ざかる右腕に対し、矢野監督も思いやった。

 「西には本当に申し訳ない。エラーした選手にも声を掛けながら、その後も投げる姿を(見ると)ね。(野手が)打って返す気持ちを持って臨んで行くことが大事じゃないかなと。投げている姿を見て思った」

 8分間の中断をはさむなど激しい雨が時折降る悪条件の中でもチームの勝利を求め、必死に腕を振ったが報われなかった。ただ、この悔しさが、次への原動力になると信じたい。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース