大谷 快音聞かれず4の0 チームは2連敗

[ 2019年6月8日 14:49 ]

ア・リーグ   エンゼルス2―6マリナーズ ( 2019年6月7日    アナハイム )

本拠地マリナーズ戦に先発出場した大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が7日(日本時間8日)、本拠地アナハイムでのマリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。4打数無安打1三振という内容で連続試合安打は3でストップし、打率は.240となった。

 初回の第1打席、1死一塁で相手先発左腕ゴンザレスと対戦。カウント1-2から外角のカーブを打たされ二ゴロだった。

 3回の第2打席、2死走者なしという場面で初球のカッターを引っ張り、一ゴロ。

 6回の第3打席は、1死一塁で迎え、フルカウントからの8球目、外角のカッターに空振り三振だった。

 8回の第4打席は、1死二塁と、この日初めて走者を得点圏に置き4番手右腕ブレナンと対戦。カウント1-1から外角のチェンジアップを一ゴロ。快音は聞かれなかった。

 この日先発したゴンザレスは昨季チーム最多の13勝を挙げた左腕で、今季の開幕投手。大谷は昨季の9月16日に対戦し、2打数無安打1三振、1四球。今季は2日(同3日)に対戦し、空振り三振、右犠飛、左飛だった。

 チームは、同点の5回に勝ち越しを許し、その後も失点を重ねた。打線はマリナーズの継投を前に2得点に終わり敗戦。2連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース