ロッテ投手交代でハプニング…西野登板回に2番手・チェンがフィールドへ、交代認められず「僕の責任」

[ 2019年6月8日 05:30 ]

交流戦   ロッテ3―4巨人 ( 2019年6月7日    東京D )

8回の攻撃前、チェンがマウンドに上がった後にマウンドへ上がっていた西野(左)がベンチへ戻るように促される(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 8回、ロッテの投手交代でハプニングが起きた。3番手で西野が登板のはずが2番手のチェンが一度インフィールドに入ったため、先発投手および救援投手の義務が記載されている野球規則の「5・10のf」に従ってチェンに打者1人をアウトにするか一塁に達するまで投球する義務が生じた。

 結局無死一、二塁で登板した西野が無失点に切り抜けたが、日本語が堪能で通訳を付けていない台湾出身のチェンは「僕の責任」。吉井投手コーチも「伝達できなかったこっちの責任」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース