西武・おかわり2冠 ラミ超え交流戦184打点&72本塁打にラミ監督「ほかのチーム相手に達成して…」

[ 2019年6月8日 05:30 ]

交流戦   西武6ー2DeNA ( 2019年6月7日    横浜 )

辻監督(左)とハイタッチする中村(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 西武の中村が7回に適時左前打を放って交流戦での通算打点を184に伸ばし、72本塁打とともに交流戦の打撃2部門でトップとなった。打点の記録更新には「良かったけど、ラミレスさんが引退してから随分たつのに、記録が更新されなかったことが改めて凄いと感じた」と謙虚に話した。

 一方、目の前で記録を抜かれたDeNA・ラミレス監督は「できればうちではなく、ほかのチーム相手に達成したらよかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース