巨人・岡本、4戦ぶり4番起用応えたV打 4戦連続マルチも謙虚「まだ何があるか分からないので…」

[ 2019年6月8日 05:30 ]

交流戦   巨人4-3ロッテ ( 2019年6月7日    東京D )

5回、勝ち越し二塁打を放った岡本はベース上でガッツポーズ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 4試合ぶりに4番に戻った巨人の岡本が決勝打を放った。同点の5回2死二塁。真ん中低めに沈んだ133キロフォークを左前に運び、勝ち越し点を奪った。

 8回にも先頭で右前打を放ち、交流戦全4試合連続となるマルチ安打。「まだ何があるか分からないので、気を引き締めて頑張ります」と表情を崩すことなく帰路に就いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース