“清宮世代”DeNA・桜井 プロ初登板堂々3者凡退デビュー「萎縮したり逃げることはしたくない」

[ 2019年6月8日 05:30 ]

交流戦   DeNA2-6西武 ( 2019年6月7日    横浜 )

プロ初登板の桜井(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA2年目の桜井が堂々のデビューを飾った。

 2―6の9回にプロ初登板し、いきなり山川を147キロ直球で空振り三振に仕留めるなど、右打者3人から2三振を奪い3者凡退。日大三時代に早実・清宮(現日本ハム)を5打席連続三振に斬って注目された左腕は「萎縮したり逃げることはしたくなかった」。清宮やヤクルト・村上ら同世代の活躍にも「対戦したら僕が抑えるんだという気持ちで」と負けん気の強さをのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース