ロッテ・レアード 死球受け途中交代…左肘に直球直撃

[ 2019年6月8日 15:49 ]

交流戦   巨人―ロッテ ( 2019年6月8日    東京D )

<巨・ロ>5回2死一、三塁 死球を受けるレアード(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ロッテのレアードが5回の第3打席で、山口から左肘に死球を受けた。プロテクターを付けていないため、直球が直撃。膝を突いて痛がり、塁にはそのまま残ったが、その裏の守備から途中交代。三塁は鈴木が入った。

 ロッテは角中、田村、藤岡らが負傷離脱。吉田が左太腿を痛めてこの日出場選手登録を抹消され、右脚の裏を痛めている井上は2試合連続でスタメンを外れるなどケガ人が続出している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース