三浦警視総監が制服姿で始球式 ドーム観客拍手に敬礼

[ 2019年6月8日 17:01 ]

交流戦   巨人―ロッテ ( 2019年6月8日    東京D )

<巨・ロ>始球式を行う三浦正充・警視総監(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人―ロッテ2回戦で、警視庁の三浦正充警視総監が始球式を務めた。制服姿でマウンドに登場すると大きく振りかぶって、捕手の小林に投球。ドームは拍手に沸き、三浦警視総監は敬礼で応えた。

 始球式の前にはドームを管轄する富坂署の署長らが「テロを許さない街づくり」と書かれたのぼりを手に、マスコットキャラクター「ピーポくん」とグラウンド内を行進した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース