巨人・菅野 腰の違和感「大丈夫」8日ロッテ戦先発「いけそうです」

[ 2019年6月8日 05:30 ]

試合前、原監督が見守る中、東京ドームのマウンドでピッチングを行った菅野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 腰の違和感のためファームで調整を行っていた巨人・菅野が7日、1軍に合流し、全体練習が始まる前の東京ドームのマウンドで投球練習を行った。原監督ら首脳陣が見守る中、炭谷を相手に全球種、計58球を投げ「悪くなかったです。(腰は)大丈夫」と振り返った。

 35球目以降はセットポジションで投球フォームを確認。原監督は「順調にきているみたいだよね。いい階段を上っていると思っています」と話した。宮本コーチも「本人も“いけそうです”ってことだった。最終決定は明日(8日)。何もなければそのままゴーサインを出せる」と説明。8日に状態を最終確認し、問題なければ9日のロッテ戦(東京ドーム)で復帰する見通しとなった。仮に回避する場合は3年目右腕の高田が先発する予定だ。

 菅野は5月15日の阪神戦で5回2/3を投げ、10失点(自責7)で降板。同20日のブルペン投球中に腰に違和感を感じ、21日に出場選手登録を抹消された。エースの復帰は首位追走へ追い風となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース