阪神 福留が2軍戦で実戦復帰 「5番・指名打者」で先発

[ 2019年6月8日 11:48 ]

阪神・福留
Photo By スポニチ

 右ふくらはぎ筋挫傷で1日に出場選手登録を抹消された阪神・福留孝介外野手(42)が、8日のウエスタン・リーグ広島戦(淡路)に「5番・指名打者」で先発。2軍合流後初となる実戦復帰を果たす。阪神2軍のスターティングメンバーは以下の通り。

 (中)江越
 (二)熊谷
 (右)中谷
 (三)陽川
 (指)福留
 (一)ナバーロ
 (左)板山
 (捕)片山
 (遊)小幡
 先発投手 浜地

 福留は先月31日の広島戦で右ふくらはぎの張りを訴え、3回の守備から交代。試合中に広島市内の病院で診察を受け「軽度の右ふくらはぎ筋挫傷」と診断された。本人は出場に意欲を示したが、大事を取り出場選手登録を抹消。矢野監督は「めちゃくちゃ悪いということはないけど、痛めているのは痛めているしね。ふくらはぎは、凄く繊細というか微妙というか。まず治療に専念して、その10日間の中でどうなるかを見る方が孝介のためでもあるしね」と説明していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース