ロッテ主力に負傷者相次ぎ逆転負け…前日の井上に続き吉田も試合中に負傷

[ 2019年6月8日 05:30 ]

交流戦   ロッテ3―4巨人 ( 2019年6月7日    東京D )

ロッテ・吉田裕太捕手
Photo By スポニチ

 ロッテは主力に負傷者が相次ぎ、逆転負けを喫した。主砲の井上が6日の阪神戦の走塁で右太腿裏を痛めた影響から欠場。代役4番のレアードが3回に無死満塁で左前打を放って2点目を挙げたが、大量点には至らず。井口監督は「ノーアウト満塁で一気に取れなかったので流れをつかめなかった」と振り返った。

 8回には2番手捕手の吉田が走塁で左太腿裏付近を痛め交代。正捕手の田村を欠く捕手陣にまた大きな不安材料となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース