DeNA・今永 今季最多12Kも今季最悪5失点「初球からストライクゾーンに集めすぎてしまった」

[ 2019年6月8日 05:30 ]

交流戦   DeNA2-6西武 ( 2019年6月7日    横浜 )

ベンチへ戻る先発・今永(右)と伊藤光(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの今永が7回を投げ今季ワースト5失点で3敗目を喫した。今季最多の12三振を奪う力投も「積極的に振ってくる打者に対して初球からストライクゾーンに集めすぎてしまい、ボール球で誘い出すことができなかった」と反省した。

 チームは3連敗で借金8。打線が3安打に封じられ、中でもこの日2番に据えたソトは交流戦4試合計18打数無安打と深刻だ。ラミレス監督は「今永はいい投球をしてくれたが、残念ながら援護してあげられなかった」と左腕をかばった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月8日のニュース