中日・ロメロ グラブの位置を修正して4試合ぶり3勝目「鈴木を信じていた」

[ 2019年5月16日 21:09 ]

セ・リーグ   中日3―2DeNA ( 2019年5月16日    横浜 )

<D・中>DeNAに勝利しファンの声援に応えるロメロ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 中日のロメロが敵地でのDeNA戦(横浜)で7回3安打1失点と好投。4月10日の巨人戦以来4試合ぶりとなる今季3勝目(2敗)をマークした。

 味方打線が初回に1点先制。5回まで無失点だったロメロは6回に神里に同点弾を浴びたが、打線は直後の7回に福田の適時打で勝ち越し。3―1で迎えた9回には守護神・鈴木博が1点取られて3―2と1点差に迫られたが、逃げ切った。

 「鈴木を信じて見てました。最後にいい感じで三振を取ってくれたので感謝したいと思います」とロメロ。「今まで投手コーチと練習してきたことをマウンドへ行ってできたので良かったと思います」とグラブの位置を修正してつかんだ4試合ぶりの勝利を喜んだ。
 

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース