【中畑清 視点】菅野は絶対に壊してはいけない存在 10失点はショックが大きい

[ 2019年5月16日 09:00 ]

セ・リーグ   巨人8―13阪神 ( 2019年5月15日    東京D )

6回2死、まさかの10失点KOとなった菅野に原監督(中)も厳しい表情(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 10点失うまで巨人・菅野を続投させる意味はどこにあったのか。チームの連敗脱出を託されたエース。2回までに5点を失いながら3回から立ち直りの気配を見せて反撃ムードをつくり、4回には自ら全力疾走の適時内野安打で1点差まで迫った。

 でも、5回福留に続いて6回先頭の木浪に一発を浴び、代打・高山を歩かせてはもう限界だ。いくらリリーフ陣が不安とはいえ、これ以上続投させるのは酷。菅野という存在は絶対に壊しちゃいけないんだ。なのに巨人ベンチは動かず、さらに3失点。ショックが残る交代となった。

 それにしても、こんなに悪い菅野は初めて見た。変化球は抜け、真っすぐは自然に落ちる。際どいボールも球威がないから球審は取ってくれない。ストライクを取りにいって甘く入ったところを打たれるパターン。精神的なダメージが残る中、どう立て直すか。巨人の命運を握っている。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース