ツインズ捕手、大谷と本塁で交錯 左足ひねって交代

[ 2019年5月16日 02:30 ]

ア・リーグ   ツインズ4―3エンゼルス ( 2019年5月14日    ミネアポリス )

<ツインズ・エンゼルス>8回、大谷の強烈なスライディングを受けるも、本塁を死守したツインズの捕手ガーバー(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷と本塁上で交錯したツインズの捕手ガーバーは、スライディングで左足をひねる形となり交代した。

 この日も3番で出場し、打率・329、9本塁打、19打点で地区首位快走の立役者。15日(日本時間16日)に検査を受ける。バルデリ監督は「いつでも起こり得るプレーだ。今はあまり情報がない。明日にならないとよく分からない」と話すにとどめた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース