中日・与田監督 ロメロ粘投に労い「制球が乱れかかったけど…」

[ 2019年5月16日 22:00 ]

セ・リーグ   中日3―2DeNA ( 2019年5月16日    横浜 )

<D・中>DeNAに勝利しファンの声援に応えるロメロ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 中日が逃げ切り勝ちで連敗を阻止した。先発・ロメロが7回1失点と好投すれば、相手先発・大貫も7回2失点と奮闘。

 1―1の7回1死三塁から福田が左前適時打を放ち勝ち越すと、8回には平田が5号ソロ。9回に守護神・鈴木博が1点差に迫られたもののリードを守り切った。

 与田監督はロメロを「よく粘ってくれた」と評価。初回1死一、二塁で筒香にファウルで粘られながらも12球目のカットボールで空振り三振に仕留めると、7回も先頭・ロペスに4球続けてファウルされながら左邪飛に打ち取るなど「7回は制球が乱れかかったけど、先頭出す出さないは大きかった」と先発左腕の力投に目尻を下げた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース