ヤクルト梅野、4点差守れず「悔しい」2連敗で2位に3チーム並ぶ

[ 2019年5月16日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―9広島 ( 2019年5月15日    マツダ )

9回2死、磯村の2点適時打で鈴木(左)らが生還し、渋い表情の梅野(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは最大5点差をひっくり返され、サヨナラ負け。守護神・梅野が9回2死満塁から小窪に押し出し四球を与えて同点に追いつかれるなど、1イニング4失点。10回に中尾が鈴木にサヨナラ2ランを浴びた。梅野は「4点差を守り切れずに悔しい。状態は悪くなかったけど…」。

 2連敗で広島、阪神に追いつかれ2位に3チームが並んだ。小川監督は「9回は抑えてもらいたかった」と悔しがった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース