ロッテ、涌井好投も4連勝ならず 井口監督「打つ方が援護できなかった」

[ 2019年5月16日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3オリックス ( 2019年5月15日    ZOZOマリン )

ロッテ先発・涌井(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテはエース・涌井が無四球の7回6安打2失点と好投したが、打線が8安打2得点に終わり、16年以来3年ぶりの4連勝はお預けだった。「涌井はゲームをつくってくれた。打つ方が援護できなかった」と井口監督は渋い顔だ。

 1点を追う7回無死一塁、左翼線の安打で二塁を狙ったレアードがアウトになるなど「走塁ミスもあった」と敗因も指摘。貯金はなくなり、チームは4位へ転落した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース