日本ハム・清宮 復帰3戦目でマルチ安打&2戦連続打点

[ 2019年5月16日 16:14 ]

イースタン・リーグ   日本ハム4―5ロッテ ( 2019年5月16日    鎌ケ谷 )

 右手首痛から実戦復帰した日本ハム・清宮が、16日のイースタン・リーグのロッテ戦(鎌ケ谷)に「3番・DH」で先発出場。初回2死走者なしの第1打席で中村稔の122キロの直球を捉え、2試合連続となる右前打を放った。

 第2打席は138キロ直球に一ゴロ。第3打席も一ゴロ。8回2死一、二塁で迎えた第4打席はフルカウントから四球を選んだ。9回は2点差として、なお2死一、三塁の場面で第5打席を迎え、成田の123キロのスライダーを二塁へ1点差とする適時内野安打。2試合連続の打点を挙げるなど、この日は4打数2安打1打点。

 清宮は開幕から右手首痛のためリハビリを続け、14日のロッテ戦(鎌ケ谷)から実戦復帰。3試合目で2本目の安打だった。

 試合はバルガスの左越え2号3ランなどでロッテが逃げ切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース