JR東日本のドラフト候補右腕・太田がHondaとのオープン戦で好投 150キロマーク

[ 2019年5月16日 21:43 ]

社会人野球オープン戦   JR東日本―Honda ( 2019年5月16日    神宮 )

<Honda・JR東日本>3回無失点と好投したJR東日本の太田
Photo By スポニチ

 JR東日本の153キロ右腕でドラフト候補に挙がる太田龍投手(20)が先発し、3回1安打無失点と好投した。

 5球団のスカウトが視察する中、最速150キロをマーク。「(都市対抗の)2次予選に向けて仕上げてきたので良い感じ。きょうは70~80%。とにかくミットをめがけて投げることだけ考えた」と安定したフォーム、制球を見せた。

 DeNAの進藤達哉編成部長は「ちゃんと下半身を粘って投げられている。これだけ投げれたら十分。調子をキープできれば1位もあるかもしれない」と高く評価していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月16日のニュース