DeNAは7回2失点の新人・大貫援護できず借金11…ラミレス監督「これ以上はなかなかないという投球」

[ 2019年5月16日 21:22 ]

セ・リーグ   DeNA2―3中日 ( 2019年5月16日    横浜 )

<D・中>DeNA・先発の大貫(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAはドラフト3位ルーキーの大貫が7回5安打2失点と好投しながらも打線が援護できず、借金は再び11にふくらんだ。

 1―3で迎えた9回には中日の守護神・鈴木博から1点奪ってなおも2死三塁と一打同点のチャンスを築いたが、大和が空振り三振に終わって試合終了。

 ラミレス監督は「ターニングポイントは3点目のホームラン」と1―2で迎えた8回2死走者なしから2番手・砂田が平田に浴びた一発を敗因に挙げ「2死走者なしから打たれたのが大きかった」と悔やんだ。

 大貫については「非常にいい投球をしてくれた。これ以上はなかなかないという投球だった」と高評価。「援護してあげられなかった」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース