昨季キングが…DeNA・ソト 5月打率・118と不振 ラミレス監督「誰にでもスランプはある」

[ 2019年5月16日 22:55 ]

セ・リーグ   DeNA2―3中日 ( 2019年5月16日    横浜 )

 昨季のリーグ本塁打王が苦しんでいる。

 「3番・右翼」で出場したDeNA・ソトだが、1点を追う3回1死一、二塁では遊ゴロ併殺打に倒れた。2打数ノーヒットで途中交代。5月は34打数4安打の打率・118の低空飛行で、打点はわずかに1。本塁打は令和の時代になってまだマークしていない。

 昨季は41本塁打でタイトルを獲得。チームの浮上のためには、その打棒復活が欠かせない。

 ラミレス監督は「まだ100%ではないが、もちろん使っていく。誰にでもスランプはあるし、必ずまた打ち出す。ここ何日かは打撃練習でもかなりいい。我々が知っている彼に戻れると思う」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース