楽天、球団史上最大の大逆転劇 リーグ最多今季12度目

[ 2019年5月16日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天9―8日本ハム ( 2019年5月15日    楽天生命パーク )

9回無死、同点の右越えソロ本塁打を放つ浅村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天が0―8から逆転し9―8でサヨナラ勝ち。8点差以上のサヨナラ勝利は西武が昨年4月18日の日本ハム戦(0―8→○9―8)で記録して以来プロ野球27度目。楽天では8日ソフトバンク戦の7点差(0―7→○8―7)を上回る最大得点差になった。

 7点差以上の逆転勝利が月間2度はDeNAが13年8月20日阪神戦(0―7→○9―8)、同31日ヤクルト戦(1―8→○12―9)でマークして以来6年ぶり。パでは楽天が初めてだ。今季の楽天は38試合を消化して逆転勝ちがリーグ最多の12度。昨年はリーグ最少の25度しかなく、12度目はチーム82試合目だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース