日本ハム8点差守れず 大田連発空砲 栗山監督「こっちの責任」

[ 2019年5月16日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム8―9楽天 ( 2019年5月15日    楽天生命パーク )

3回2死、2打席連続となるソロ本塁打を放つ大田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムは8点リードを守り切れず延長11回の末にサヨナラ負け。栗山監督は「すみません。きちんと(勝ち切ることが)できなかったのは、こっちの責任」と悔しさをにじませた。

 大田の2打席連発などで8点をリード。それが先発の金子が、4回に満塁弾を許してから暗転した。投手陣が計4発を浴びて追いつかれ、延長11回にウィーラーの右犠飛でサヨナラ負け。昨年4月18日の西武戦以来となる8点差の逆転負けで今季初の貯金3を逃した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月16日のニュース