巨人・丸 無安打も3四球選び2得点「今日のように我慢していければ…」

[ 2019年3月30日 19:20 ]

セ・リーグ   巨人5―2広島 ( 2019年3月30日    マツダ )

<広・巨>6回1死二、三塁ゲレーロの2点タイムリーで生還した丸(中央)はナインの出迎えを受ける。後方は岡本(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の丸佳浩外野手(29)が30日、広島戦(マツダ)に3番・中堅で先発出場。無安打も2得点した。

 初回2死で空振り三振に倒れ、前日の開幕戦から5打席連続三振。しかし、昨季リーグ最多130四球の選球眼で、3四球を選び、2度、本塁に生還した。移籍後初安打はお預けも、「今日のように我慢していければ、形はどうであれ、得点につながる確率は高くなる。そこは変わらずやっていきたい」と泰然自若だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月30日のニュース