オリックス、悪夢の開幕戦8連敗 頓宮はプロ初打席で適時打

[ 2019年3月30日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―7日本ハム ( 2019年3月29日    札幌D )

初回1死満塁、頓宮が右前に2点適時打を放つ(投手・上沢)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 悪夢が延長10回に待っていた。オリックスは開幕の日本ハム戦で1死三塁から西川、近藤を連続で申告敬遠するギャンブルも、岩本が中田にサヨナラ満塁弾を浴びてジ・エンド。開幕戦の連敗記録が球団ワーストを更新する8年連続まで伸びた。

 「選択としては満塁策。投手は責められない。あと1点取っておけば、2点差と3点差では全然違うので」。西村監督は5回以降に追加点を奪えなかったことを悔やんだ。

 とはいえ、生まれ変わった印象は十分に与えた。初回、1死満塁で頓宮が先制2点適時打。12球団の新人では一番乗りとなる初安打&初打点をマークした。4回には、高卒2年目で19歳の西浦が左前適時打を放ちプロ初打点。新戦力が台頭した内容に同監督も「(福田も含めた)3人で7安打。よくやってくれた」と称えた。明日につながる1敗だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月30日のニュース