札幌大谷 太田 失投悔やむ「簡単にストライクを取りに…」

[ 2019年3月30日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第7日 2回戦   札幌大谷1-2明豊 ( 2019年3月29日    甲子園 )

2番手で登板した札幌大谷・太田 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 札幌大谷の太田流星(3年)の顔は悔しさでいっぱいだった。西原と二枚看板を担う背番号17は4回無死一塁から救援。2死後に右中間三塁打で先制点を許すと、5回には痛い2点目を失った。

 「(明豊の)打つイメージにやられた。自分の思い込み。簡単にストライクを取りにいき過ぎた」。1回戦で横浜(神奈川)を攻略した明豊打線を意識し過ぎてしまった。

 昨秋からあっという間の半年間だった。春にピークを合わせる初めての経験。背番号をもらえなかった昨夏後、帰宅してから自宅近くの河川敷を走り、冬も室内施設で鍛えてきた。「春」に懸ける強い思い。1回戦の1失点完投で甲子園1勝を引き寄せた太田は「勝ちたかった」と肩を落とした。

 ○…先発に抜てきされた背番号18、1メートル97の大型左腕・阿部剣友(2年)は3回0/3を1失点。4回、先頭打者に中前打されて交代したが「(捕手の)飯田さんのリードを信じて思い切り腕を振った。次の投手につなげる投球を心がけた」。自己最速138キロもマークした期待の左腕に、船尾監督も「よく投げた。今後の自信になると思う」と評価した。

 ○…4番・石鳥亮中堅手(3年)は「確実に仕留めきれなかった」と振り返った。4回は好機を広げる右前打を放ったが、後続なく無得点。6回無死一、三塁では遊ゴロ併殺打の間に1点を返したが「少し体が開くのが早過ぎた」と話し、夏へ向けて「次は夏(の甲子園)初出場。ひたむきに練習していきたい」と気持ちを切り替えていた。

 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月30日のニュース