日本ハム輝星、19日の登板は2回を予定「試合が楽しみ」 ブルペンで56球

[ 2019年3月17日 13:59 ]

プロ2度目の登板へ向けブルペン投球する日本ハム・吉田
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝星投手(18)が17日、千葉・鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアム内ブルペンであす19日のヤクルト戦(同)登板に備え、56球を投げ込んだ。

 直球にカーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、フィークも試投。12日の教育リーグ・楽天戦(同)に次いで、プロ2試合目の実戦は前回より1イニング多い2回となる。

 「変化球でどれだけカウントを整えられるか。ストレートでしっかりストライクを取れるか、その2点を確認しながら投げました。内容はいい方なので、試合が楽しみ」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月17日のニュース