レアード、ロッテ移籍後初“寿司弾”「握れてよかった」

[ 2019年3月17日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ3―4日本ハム ( 2019年3月16日    ZOZO )

7回無死一塁、レアードは2ランを打ち「スシポーズ」を決める(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人レアードは古巣・日本ハム戦の7回無死一塁、左翼席へ移籍後初本塁打となる2ランを放った。代名詞の「寿司ポーズ」を披露し「昨日食べたうにをイメージした。幕張でも継続しようと思っていた。ファンの前で握れてよかったよ」。

 元チームメートの鍵谷からの一発は「ストレートがいい。頭の中にあった」とイメージし、狙い打った。通算131本塁打を誇る本物の大砲が、昨季12球団最低の78本塁打だった打線の核になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月17日のニュース