中日・笠原、初開幕投手へ3回零封 与田監督「試合の中で立て直しができる」

[ 2019年3月17日 05:30 ]

オープン戦   中日6―0楽天 ( 2019年3月16日    静岡 )

中日先発・笠原(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 中日の3年目左腕・笠原が初の開幕投手を引き寄せた。16日の楽天戦(静岡)で3回1安打無失点の5奪三振。今月に入ってからのオープン戦登板3試合で計12回2/3を無失点と抜群の安定感だ。

 「きょうは逆球だったりカーブやチェンジアップが浮いていたけれど、ゼロに抑えられたのは良かった」  この日のストレートはMAX139キロ止まり。それでも、変化球も腕を振れていた分、チェンジアップやカーブで空振りさせるシーンは多かった。

 結果を残し続ける笠原に対し与田監督は「時々高めに抜けるボールはあったが、ゲームの中での立て直しができている」と評価。ただ、開幕投手に関しては「ハハハ、時が来たらお話ししますよ」とこの日もオープンにはしなかった。(田中 貴久)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月17日のニュース