【関西大学野球の新星】立命大・神先恵都外野手(智弁和歌山)思い切り打つ!走る!“紀州の赤い彗星”

[ 2019年3月17日 10:00 ]

名伯楽の〝魔法の言葉〟通り思い切って打ち、走り、首位打者を狙う立命大・神先
Photo By スポニチ

 滋賀県出身の「紀州男児」がさっそうとベースを駆け抜ける。立命大の神先恵都外野手は「智弁和歌山の1番打者として打率にはこだわってきた。大学では首位打者を取って注目されたらいいですね」と抱負を語る。

 比叡山中では小5時に在籍したチームの玉田昌幹監督が指揮を執ることになった紀州ボーイズでプレーすることを選び、自宅のある大津市から毎週末、和歌山まで通った。同期の林晃汰内野手(広島・ドラフト3位)とクリーンアップを組んで全国大会にも出場。高校はそろって強豪の智弁和歌山へ進み、2年夏から3季連続で甲子園に出場している。

 「あんな大きな球場が、毎試合のように満員になる。すげえところだと思いながらやらせてもらっていました」

 3年時は「1番・中堅」で春と夏の全6試合で安打を放ち、通算28打数10安打の打率・357。初球から振っていく積極性が持ち味で、四球は1個しかなかった。

 「打撃フォームは、自分で映像を見ても変わっているなあと思います」

 バッターボックスのホームベース寄りラインから1足半くらい離れて立ち、打ちに行く瞬間は投手に対し大きく背中を見せるような構えになる。高嶋仁監督(現名誉監督)の型にはめない指導も合っていた。状態が悪い時には“魔法の言葉”をかけられたと振り返る。

 「もっと思い切り振れや――」

 変化球待ちで当てに行くような打撃をしていたことを見抜かれ、一発で修正してくれたという。

 念願の甲子園出場を果たし、将来の目標は「野球関係の仕事に就くこと」だったが、大学進学にあたり「プロ野球選手」へ上方修正した。

 「野球をやっている以上は、上を目指さないと成長がないと思った」

 同期の林や、家族ぐるみで付き合いのある日体大・東妻勇輔投手(ロッテ・ドラフト2位)がプロ入りしたことも刺激になった。東妻の弟で、1年後輩の純平捕手は今年の選抜に出場する。

 「(昨秋の近畿大会で)大阪桐蔭にも勝っていますし、期待が持てると思います。昨年の準優勝校という目で見られますが、メンタルの弱いヤツは少ないので大丈夫でしょう」

 立命大入寮の際に持ち込んだのが、紀州ボーイズの玉田監督からもらったバッティンググローブ。甲子園出場のたびに、教え子たちへプレゼントしていたものだ。片方ずつ刺しゅうが入っており、全員共通の「紀州男児」と各人のイメージに合わせた一語で、神先は「赤い彗星」だった。

 「智弁のイメージカラーが赤だったので、合っていると思いました」

 「赤い彗星」といえばアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するシャア・アズナブルの異名。神先に期待されている活躍は、シャアの名言を借りればこんな感じだろうか。

 「見せてもらおうか、智弁和歌山のリードオフマンの力とやらを――」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月17日のニュース