ヤクルト村上、止まらん2号「しっかりとしたスイングできた」

[ 2019年3月17日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト7―8巨人 ( 2019年3月16日    神宮 )

4回無死、 村上が田原からソロアーチを放つ (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上がオープン戦の連続試合安打を6に伸ばす2号ソロを放った。4回1死、田原が投じた104キロのカーブを右翼席に運び「カーブが2球続いた中で、しっかりとしたスイングができた」。

 侍ジャパンに参加後、体調不良に陥り、12、13日のロッテ戦を欠場した。復帰戦での一発で、存在感を見せつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月17日のニュース