巨人・坂本、マ軍リークから中前適時打 試合前はイチローにあいさつ

[ 2019年3月17日 13:16 ]

プレシーズンゲーム   マリナーズ―巨人 ( 2019年3月17日    東京ドーム )

<巨人・マリナーズ>3回1死二塁、坂本は中前に適時打を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人が17日、マリナーズとのプレシーズンゲームを行い、坂本勇人内野手(30)が中前適時打を放った。

 0―1の3回1死から、1番・吉川尚が左中間を破る二塁打。続く坂本勇がリークの136キロをすくい上げ、中前に運んだ。同点の適時打。

 試合前練習では、打撃ケージ裏で原監督と談笑していたイチローに、坂本勇があいさつをする一幕もあった。

 ▼坂本の話 打ったのは、チェンジアップかシンカーです。変則的な投手だったのでセンター方向を意識しました。動く球に対してうまく対応できました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月17日のニュース