菊池、デビュー戦に自信「打者に集中できる状態」

[ 2019年3月17日 13:32 ]

 米大リーグ、マリナーズの菊池雄星投手は17日、先発としてメジャーデビューする21日のアスレチックスとの開幕2戦目に「ボールに慣れてきたし、対打者に集中できる状態にはなった」と自信を示した。

 東京ドームで行われた巨人戦前の全体練習は軽めに調整した。18日には投球練習する。「ボールの軌道が出ているかどうかが大事。日本のいい時と同じ軌道は出てきている」と語った。

 オフに西武からポスティングシステムで移籍し、日本での大リーグ初登板は日本勢では初となる。サービス監督は「いいキャンプを送ったし、いろいろ学んで成長した。楽しみ」と期待した。

 16日夜は菊池が同僚らにすしを振る舞った。監督は「とてもチームに大事なこと。時間を一緒に過ごして理解を深めることができる」と感謝していた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月17日のニュース