大谷、術後4度目のキャッチボール 投手メニューも徐々に前進

[ 2019年3月17日 02:30 ]

エンゼルス・春季キャンプ ( 2019年3月15日 )

キャッチボール後に腕の振りを確認する大谷
Photo By スポニチ

 右肘手術の影響で今季は打者に専念するエンゼルスの大谷が、術後4度目のキャッチボールを行った。球数は57球で前回とほぼ同じだったが、最長50フィート(約15・2メートル)で投げた球が15球から20球に増え、投手メニューも少しずつ前進した。その後は「ソフトトス」(下から投げてもらうティー打撃)などを25球打ち込んだ。

 5月中の打者復帰を見込むブラッド・オースマス監督は「キャッチボールを再開する前はもっと打っていたし、(打つ球数を)増やす必要はない」と説明した。 (テンピ・柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月17日のニュース