Honda 連覇へ白星発進 篠塚Jrが決勝打

[ 2019年3月12日 05:30 ]

第74回東京スポニチ大会Aブロック   Honda10―6沖縄電力 ( 2019年3月11日    神宮 )

5回2死一、二塁、Hondaの篠塚は決勝打を放つ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 Hondaは連覇に向けて逆転で白星発進した。

 3点を追う5回、佐藤の同点適時二塁打に続き、篠塚がしぶとく中前へはじき返して決勝打。3回には失策で逆転されるきっかけをつくっただけに「取り返すことで頭がいっぱいだった」。元巨人、篠塚和典氏を父に持つ。今年で社会人8年目を迎えたが「まだまだ若手。一年一年が真剣勝負」と気を引き締めていた。

▼沖縄電力古謝景義監督 3回に畳みかける攻撃ができたのは良かったが、それ以降は攻撃が淡泊になってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月12日のニュース