ロッテ・角中が1軍合流 井口監督は即OP戦2番起用で「19年型新打線」をテスト

[ 2019年3月12日 11:36 ]

ロッテの角中
Photo By スポニチ

 ロッテの13年目、角中が1軍合流即、2番起用されることになった。12日、ヤクルトとのオープン戦(ZOZOマリン)前に井口監督が「今日は(打順を)2番に入れた」と明言。「いろいろなパターンを試せる」と角中の合流で「19年型新打線」をテストする。

 昨季は角中がクリーンアップを務めることが多かったが、今季はレアード、バルガスの加入で主軸に駒が揃った。長打もスピードもあり、出塁率の高い角中を2番に起用することで得点率のアップが期待できる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月12日のニュース