東京ガス PL学園出身の4番中山がV弾「今年に懸ける思いは強い」

[ 2019年3月12日 05:30 ]

第74回東京スポニチ大会Dブロック   東京ガス5―東海理化 ( 2019年3月11日    神宮 )

4回無死、東京ガス・中山は右越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助) 
Photo By スポニチ

 東京ガスはPL学園出身で4番の中山が4回に左越えへ決勝ソロ。「感触は良かった」と振り返った。

 右の強打者としてドラフト候補に挙がりながら故障に泣いてきた。しかし、昨年に侍ジャパンU23代表入りを機に肉体改造し、成果が出た。今年オリックス入りした1年後輩の中川がPL最後のプロ入りと言われているが「中川が最後とは言わせない。今年に懸ける思いは強い」とプロへの思いを口にした。

 ▼東海理化奥山博之監督 負けたが収穫は多かった。いろんな選手を出せた。(ドラフト候補右腕の)立野は今日はブルペンだったが、明日(12日)以降は展開次第で登板させる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月12日のニュース