中日 大野雄 本拠地開幕の開幕4戦目先発が濃厚

[ 2019年3月12日 05:30 ]

キャッチボールをする大野雄
Photo By スポニチ

 中日の大野雄が開幕4戦目、本拠地開幕となる4月2日の広島戦(ナゴヤドーム)で先発することが濃厚となった。きょう12日からの阪神、西武との3連戦(ナゴヤドーム)は山井、吉見、柳の順で先発する見通し。赤堀投手コーチは「調整を見ていただければ分かると思う」と話し16、17日の楽天2連戦(静岡)は中6日で笠原、ロメロが先発予定で、大野雄の今週の登板はなさそうだ。

 関係者の話を総合すると、左腕は19日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で先発するとみられ、そのまま中6日の登板間隔を維持すれば本拠地開幕戦の先発が濃厚だ。裏を返せば、3月29日・DeNA戦の開幕投手は笠原が最有力となった。

 大野雄は昨季、6試合に先発したが本拠・ナゴヤドームでの登板は1試合しかなく、未勝利に終わった。かつてのエース左腕が復活をかけ、今季は地元から幕を開けることとなりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月12日のニュース