広場恐怖症とは…不安症候群の一つ 群衆の中で発症することが多い

[ 2019年3月12日 20:37 ]

 ▽広場恐怖症 通常であれば何でもない状況に対し、過剰な恐怖や不安を持ってしまう「不安症候群」の一つ。

 呼吸が苦しくなったり、心臓が締め付けられるなどのパニック発作に見舞われた後、再発を不安に感じ特定の場所や状況を避けるようになる。「広場=人の多い場所」を意味し、列車やバス、飛行機などの公共交通機関や、店や映画館などの囲まれた場所、列に並ぶなどの群衆の中で発症することが多い。約30~50%がパニック障害を併発する恐れがある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月12日のニュース