ソフトB 武田 名誉挽回で開幕ローテだ「自分がやんなきゃダメだと分かっている」

[ 2019年3月12日 05:30 ]

工藤監督(左)の見守る中キャッチボールを行う武田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの武田が名誉挽回で開幕ローテーション入りを狙う。

 先発した5日の西武とのオープン戦で3回6失点と炎上。ヤフオクドームで行われた投手練習では工藤監督から助言を受け「一番は力を抜くこと。今は力投している感じなのでギャップを出したい」と話した。あす13日の巨人戦に2番手で登板する。8年目右腕は「自分がやんなきゃダメだと分かっている」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月12日のニュース