中日 “藤浪対策オーダー”スタメン全員左打者並べる

[ 2019年3月12日 13:54 ]

オープン戦   中日―阪神 ( 2019年3月12日    ナゴヤD )

2月24日のオープン戦で、中日・木下に死球を与えた阪神の藤浪
Photo By スポニチ

 中日が“藤浪対策オーダー”を組んだ。

 1番から9番まで両打ちを含め、すべて左打者をスタメンに並べた。

 正一塁手・ビシエドと正右翼手・平田の両右打ちがベンチスタート。一塁には左打ちの遠藤が、右翼にも同じく左打ちの井領が入った。

 また、この日から1軍昇格した両打ちの藤井はDHで、左打ちの松井雅も捕手でそろって先発出場する。

 中日はキャンプ中の2月24日、阪神との練習試合で先発・藤浪から右打ちの木下拓が左肩に死球を受けたほか、同じく右打ちの阿部の頭部付近をかすめる1球があったばかり。スタメン全員、左打ちを並べたのは制球難の右腕対策とみられる。

 スタメンは以下の通り



 1 遊 京田

 2 一 遠藤

 3 中 大島

 4 左 アルモンテ

 5 三 高橋

 6 右 井領

 7 指 藤井

 8 捕 松井雅

 9 二 亀沢

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月12日のニュース